最近の「寿司」事情

国内でも海外でも大大大人気の日本が誇る海鮮グルメ、寿司。お寿司が食べたくて日本を訪れる外国人の旅行者もいるほど。日本の紹介などでは必ず含められますね。ですが、その楽しまれ方は時代と共に変わってきてもいます。例えば、今や「寿司屋」といえば、多くの人が主に訪れるのは「回転寿司」です。

実際に、2014年にスシローが上場したことにより、それに伴う情報開示が主な原因で寿司業界規模が急増しています。その中でも、回転寿司業界は大手5社のシェアが75%(2018年)と高いシェアを誇っています。一方、地方の回転寿司チェーンは倒産が相次ぎました。

(参考:https://gyokai-search.com/3-susi.html)

海外における寿司事情

回転寿司レストラン(と、海外では呼ばれます)は、海外展開も盛んです。ただやはり、クオリティはまちまちのようですね。筆者が以前住んでいた海外の街でも日本食は概して高く、そのわりに味はよろしくないところが多かったです。

お寿司は美味しいところもありましたが、やはり高い。その上チップもプラスされますから、気軽には行けませんでした。

回転寿司の話に戻ると、おそらく料理の内容というよりはそのプレゼンテーションが面白いということで広まっているのだと思います。海外の方の目には、特に都市部では喜ばれる、ヒップな「コンセプトレストラン」のように映るのではないでしょうか?

日本文化が世界に広まること自体は、日本人としては喜ばしいことですが、本来の寿司よりも回転寿司の方がインパクトが強いですし、寿司といえば回転寿司だと思われてしまいそうですよね。それは少し、心配です。

いま人気の寿司ネタは?

では、今人気の寿司ネタってなんなんでしょうか?ランキングを見てみましょう。

(参照:リンク

ご覧の通り、1位は不動の「まぐろ(中とろ)」、僅差で2位「サーモン」 45.3%、3位「まぐろ・赤身」41.9%、4位「はまち」33.2%、5位「とろサーモン」32.7%となりました。

また、男女別だと以下のような結果担っています。

男性の好きな寿司ネタ(上位5位まで)

1位:まぐろ(中とろ)

2位:まぐろ(赤身)

3位:サーモン

4位:はまち

5位:あなご

女性の好きな寿司ネタ(上位5位まで)

1位:サーモン

2位:まぐろ(中とろ)

3位:まぐろ(赤身

4位:いくら

5位:ほたて

女性のサーモン人気は意外ですね!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*