日本に来たらマスト!「パチンコ」と「カラオケ」でリアル日本文化体験

外国人旅行者の方から見たときの1番の日本の魅力って、なんでしょうか?寿司(+すき焼き、お好み焼き、天ぷら、懐石料理…)、温泉、ホスピタリティ溢れる旅館、神社仏閣、日本建築…。どれも定番ですが、日本人から見てもぜひ体験して行ってほしいことばかりです。

街でいうと、東京、大阪、京都は外せません。渋谷や原宿、はたまた秋葉原でリアルなカワイイ・カルチャーを体験してもらったり、銀座や六本木で最先端のアートスポットを巡ったり、新宿のゴールデン街で一風変わった文化的バー体験をするのもおすすめです。大阪では前述のお好み焼きやたこ焼きはもちろん、ありとあらゆる美味しいものを食べて欲しいですね。人もフレンドリーで、個人的には海外の方も友達が作りやすいと思います。そして、もちろん京都で日本ならではの伝統文化にどっぷり浸かって欲しいものです。

でも中には、そういったガイドブック的楽しみ方をしつくした「日本通」の人、もしくはより「リアル」な日本体験を求めている「旅行通」の人もいることでしょう。そういう人におすすめなのは、『カラオケ』または『パチンコ』です!

言わずと知れた『カラオケ』は、いまでは世界各国に広がっているものの、ここ発祥の地日本の設備はレベルが違います!一般的なカラオケルームも洋楽含め曲数が圧倒的に多いですし、「採点ゲーム」も海外のカラオケには中々ありません。また、バースタイルのお店やヒトカラ専門店など、バラエティ豊かな点も日本ならでは。個人的にはぜひさらに冒険して、「カラオケスナック」にも足を運んで見て欲しいですね。

もう一つ、ユニークな日本体験としておすすめなのが『パチンコ』です。こちらは、ちょっと斜め上の楽しみ方と言えるでしょう。ここ日本はカジノが違法の国として有名ですが、なぜか認められていて完全な市民権を得ているギャンブルがいくつかあり、その中でも日本独自の進化を遂げているのがパチンコ、パチスロです。パチンコやパチスロのゲーム内容自体は、カジノスロットには無い店側が任意で決められる「設定」があったり、カジノスロットにはストップボタンが無いのに対しパチスロにはあるため多少コントロールができること以外は、ランドカジノやオンラインカジノ等で遊べるスロットとあまり変わりません。独特なのは、その雰囲気。スロットマシーンのみがひたすら陳列され、黙々とゲームに興じる老若男女の姿は、旅行ガイドブック等では決して語られることのない日本人とその現代文化の一面を見せてくれることでしょう。

ただし、パチンコやパチスロにはジャックポット等も無く、前述の設定も店側に有利になりがちなもの。ギャンブルとしては色々な意味で、カジノスロットと比べて醍醐味が薄いと言えます。あくまで旅行の一環として「リアル日本文化体験」として割り切っていくのがおすすめです。

社会科見学的な目線で試してみればきっと、「礼儀正しく真面目な日本人」といったステレオ・タイプイメージ以外の日本人の側面について知ることができます。

本記事でご紹介した『日本のカラオケ』そして『パチンコ』、中々ガイドブックにはのっていません。日本通の旅行者さんにこそ体験していただき、よりリアルな日本文化を知り、味わっていただきたいものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*